• 19th 9月
    2014
  • 19
  • 19th 9月
    2014
  • 19
Post
17 : ラ・パーマ(栃木県):2012/07/16(月) 14:19:54.78 ID:X+7lmDtSP

■条件付の愛情
普段の行動→何もなし
子供いい成績を取る→よしよしいい子だ愛してあげよう
子供悪い成績を取る→愛してあげないよ

■無条件の愛情
普段の行動→やるじゃん!
子供いい成績を取る→やるじゃん!
子供悪い成績をとる→やるじゃん!一緒に勉強しよう!

自己肯定が他人依存になるプロセスな。2ちゃんで煽りをスルーできなかったり、
相手の挑発に乗って延々とスレ違いの話題を繰り広げるのがこのタイプ。
相手の承認を得るまで終わることが出来ない。


65 : 白(関西地方):2012/07/16(月) 15:50:16.82 ID:9Cm4uayQ0

»17
確かこの条件付の愛情だけを与え続けたらメンヘラの完成なんだよな
ボダとかがそうだったような

  • 18th 9月
    2014
  • 18
  • 18th 9月
    2014
  • 18
  • 18th 9月
    2014
  • 18
  • 18th 9月
    2014
  • 18
  • 18th 9月
    2014
  • 18
Post
よくある海上生活についての勘違い:ずっと磯臭いんじゃないの? → 磯臭いのも潮臭いのも陸地が近くて海が豊かなおかげだ。海の上は無臭だぞ、何しろ栄養が足りなさすぎて植物プランクトンさえ居ないよーな海もあるからな。
  • 18th 9月
    2014
  • 18
Post
『高田馬場』、浅草で蝦蟇の油を売っていた姉弟が老武士を「親の仇」と叫び、敵討ちを挑もうとする。老武士は寺の境内で血は流せぬから明日高田馬場で勝負しようという。翌日、高田馬場は敵討ちを見物しようとする人、それ相手に商売をする人でごった返すが、定刻になっても当人があらわれない。茶屋で酒を飲んでいる老武士を見つけた男がどうなっているのかとたずねると「私たち親子は仇討ち屋で茶店に頼まれて敵討ちの振りを為てひとを集め売上げの2割を貰っている」というオチ。武士の決闘・仇討ちを皮肉った噺。
  • 18th 9月
    2014
  • 18
Post
私の主観だけど、日本人は「鑑賞する文化」が発達せず、茶道、花道、武道、芸事など何事も「習う文化」の方が中心で、「他人の至芸を鑑賞する」より「自分が努力する」事の方が大事、という価値観が根強くある気がする。だからバレエ教室は星の数程あるけど、バレエ公演は満席にならないとかね。

Twitter / gssy1127 (via kogumarecord)

なるほど

(via odakin)

(akisutenoから)

  • 18th 9月
    2014
  • 18